様々な表札と、表札の知識などについて書いていく、初(?)の本格的表札情報サイト!

表札について

このホームページは、ネット上でも表札の事に関して情報が少ないと思った管理人が、
結構本格的な表札情報サイトを目指して立ち上げたものです。

HOME>表札に関するトラブルについて その3

表札に関するトラブルについて その3

表札に関するトラブルについて その2についてはこちらから。

表札に貼られた「謎」のシール・・。

玄関口や表札に”謎のシールやマーク”が貼られるなどの事件が一時期流行っていたようですが、このページでは、その件にまつわる事件を書いていきます。

このような悪質な行為は、マスコミで報じられたり、警察が注意を促したことなどから、ピーク時よりは減少してはいます。ですが、こうした事は忘れた頃にやってきたりするものです。定期的に、表札の確認をオススメします。

この”シールを貼る”という手口とは、
まず、その家ごとに、異なった種類の、様々な形や色のついたシール、またはマークを貼ります。
このシールなどが貼られている主な場所は、表札・または玄関ドアの隅などです。

これらのシールなどの記号は、一部に存在する、悪質な訪問販売業者などが、客の情報を共有するために、利用されているものです。
具体的には、そのシールや記号の種類で、住人が居る時間帯・または住人の年齢層などといったものが見分けられるというものです。

シールの形や種類で、”この家は一人暮らしの家である”とか、”この家の住人は、何時から何時まで不在である”などといった、個人情報を区別し、判別することができます。

ですので、このシールなどの仕組みが理解できるもの見れば、訪問販売会社だけでなく、空き巣などにも利用されてしまう可能性もあります。

こうした表札を悪用されることについての対策としては、
まず、身に覚えの無いシールや記号を表札に描かれているのを見つけたら、すぐに消してください。
また、場合によっては警察に届けても構わないと思います。

場合によっては、表札から家族構成を割り出され、様々な悪事に利用されてしまうという可能性もある・・ということなので、出来れば、表札からは家族全員の名前を刻む・・といったことは止めておいたほうが、無難なのかもしれません。

表札に関するトラブル その1へ戻る。

check

大阪 注文住宅

Last update:2019/1/30

ページTOPへ戻る。
  • 表札の選び方
  • 表札の選び方の”コツ”
  • 表札に関するトラブル その1
  • 表札に関するトラブル その2
  • 表札に関するトラブル その3