様々な表札と、表札の知識などについて書いていく、初(?)の本格的表札情報サイト!

表札について

このホームページは、ネット上でも表札の事に関して情報が少ないと思った管理人が、
結構本格的な表札情報サイトを目指して立ち上げたものです。

HOME>表札に関するトラブルについて その1

表札に関するトラブルについて その1

ここからは、表札に関するトラブルや、不都合となってしまう点などを取り扱っていきます。
表札は、デザイン・素材など、すばらしいものが現在溢れています。

ですが、時代のせいか、その表札に関するトラブルなども起こり始めている気配があり、
今回、取り上げてみるものです。

数件の事案を何ページかに分けて書いていきたいと思います。

表札は、必ず出しておくべきなのでしょうか?

近所の方から、表札を表に出すようにといわれているのですが、どうしたらよいのか・・
、 と悩んでいる人の話があります。 ちなみに、その人に表札を表に出すという気はないそうです。(表札を推奨する当サイトから言えば残念なことではありますが・・。)

まず、 結論からいいますと、”表札”に関して、法的な義務や、規制などは一切ありませんので、出すとか出さないという問題は、あくまでその家に住んでいる人の意志次第ですので、そのような近所の方から何を言われても、言うことを聞かなくても良いし、表札を掲げなくとも、何の問題はありません。

ただ、今の住居に越してきたばかりで、郵便物や宅配物が届くかどうか不安だ・・とか、新婚さんだとか、子供が生まれたとか・・・色々理由はあるでしょうが、表札を出したい方はどうぞご自由に出してください・・といった程度のものなのです。
もちろん、表札を出すのに越したことはないので、出しても良いときは、立派に表札を掲げても良いでしょう。

逆に、「表札を出さないほうがいい」という場合もあります。

例えば、”ルームシェア”というものが最近流行しています。
これは、 一つの部屋を何人かで家賃を出し合って、共同生活をするというものです。

現在ではルームシェア専門の不動産屋が登場したり、同居人募集サイトなどができたり、そのルームシェアに関しての環境は変わってはきていますが、こういった場合には注意が必要となります。

何故かと言うと、海外ではメジャーなものであり、認知されてきているようですが、この日本ではまだまだ大家さんが正式にルームシェアを許可をしている物件は多くないと思われます。
そこで、一つの部屋に何人分もの表札が掲げられていると、これは契約的な問題に発展する場合があります。
これは、住居の賃貸契約時に「単身のみ入居可」と契約書に明記されていたり、貸主の許可も無く、同居人を勝手に住まわせることを禁じているという物件はまだまだ多いはずです。

状況や、場合によって、大家さんや不動産会社側から、強制的に退去をさせられてしまうこともあるようです。

もしも、大家さんの許可を得ている場合であっても、近所の人・場合によっては警察からも不審にみられてしまう・・なんてことがあります。

確かに、表札は出すのも出さないのも、それはあなたの自由です。ですが、ルームシェアの場合など、出しておくことが不都合に繋がりかねない場合もあります。ぜひ、一度考えてみてください。

表札に関するトラブルについて その2

注目サイト
大阪 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/13

ページTOPへ戻る。
  • 表札の選び方
  • 表札の選び方の”コツ”
  • 表札に関するトラブル その1
  • 表札に関するトラブル その2
  • 表札に関するトラブル その3