様々な表札と、表札の知識などについて書いていく、初(?)の本格的表札情報サイト!

表札について

このホームページは、ネット上でも表札の事に関して情報が少ないと思った管理人が、
結構本格的な表札情報サイトを目指して立ち上げたものです。

HOME>表札の選び方の”コツ”

表札の選び方の”コツ”

表札を選ぶための”コツ”というのはいくつか要素があるとおもいますが、
まずは、自分の家で使う場合、そして、友人が新居を立てた場合などのプレゼント用としての贈り物などの場合に表札を選ぶ場合があったりします。
また、新築祝い・そしてまた単に縁起物としての用途で贈るという方も多いようです。

表札を実際に使う場合になると、もし自分自身で使うのであれば、使用する場面をイメージしやすいと思います。ですが、贈り物となればとそうはいかないでしょう。
仮に、贈る相手が豪華なデザイナーズマンションに住んでいるというのに、杉の木に”草書体”などで書かれた、いかにも和風な表札は似合わないでしょうし、
逆に、純和風の一戸建てに贈る相手が住んでいたとしたら、タイル地でアルファベットで文字が書かれた表札というのも合わないでしょう。

表札というのは、使用する家がどんな家なのか、また、どのような場所に設置するのか、そして表札の大きさ、相手の好みのイメージなど、事前に聞いておいた方ががベストでしょう。

表札を使用するのにある程度のイメージが出来たら実際の表札選びを行います。
まず、大まかなイメージを頭の中でも良いので、ある程度想像しておきながら選ぶのが良いでしょう。
イメージというのは、和風か洋風か・そして漢字なのかローマ字なのか、といったことだけでも良いと思います。これだけでも決めておけば、後々細かいデザインを選ぶときにも、スムーズに表札選びが進むことでしょう。
そういったイメージができたなら、その次には素材やサイズ・設置方法・そして予算と、徐々に絞り込んでいきましょう。

素材

素材の選択は、表札にとって非常に重要な要素となりえます。
その素材について、下に簡単にまとめてみました!

木製
もっともオーソドックスな種類のものです。ですが、木の種類によって、価格にかなりの差がついてしまうようです。
天然石
大理石などが有名ですね。これも天然素材なので、同じ種類の石でも、その色模様は全て、一つ一つ違います。
セラミック
高温で焼き上げるセラミックのものは、丈夫で長持ちします。
アクリル
比較的安価であり、加工もしやすいため、人気の素材でもあります。
金属
鉄、銅、アルミ、ステンレスなどの種類があり、丈夫で長持ち・そして重厚感が特徴です。

サイズに関してですが、 マンションで表札の大きさに決まりがあるのであれば、その決まりに合わせる必要がでてきますし、また、持ち家の場合でも、門や玄関などとのバランスを考え、適切な大きさに合わせます。

設置方法に関しては、 これについてもマンションによっては設置方法に限りがある場合があります。管理人などに対して、事前に確認などが必要になってきます。
取り付け方も、フックのようなものに掛けたり、両面テープのように貼りつけたり、枠に差し込んだり・・といった方法があります。
もし、持ち家である場合ならば、基本的に取り外すことはないと思いますので、埋め込み式がオススメです。

予算については、購入する表札の素材によって多少違ってきますが、おおよそでは、¥5,000程度から、¥30,000円程度と、幅広い価格帯となっています。大体¥10,000くらいのものだと、どういった素材でも、ある程度は気に入ったものが選べることが多いようです。

ですが、基本的には、あなたが気に入ったもの・プレゼント用なら、その相手の家に合いそうなものを選ぶことが大切になってきます。

おすすめWEBサイト 5選

無料で楽しめるモニターサイトをご紹介!

Last update:2017/11/17

ページTOPへ戻る。
  • 表札の選び方
  • 表札の選び方の”コツ”
  • 表札に関するトラブル その1
  • 表札に関するトラブル その2
  • 表札に関するトラブル その3